90年代後半のりぼんの漫画からお勧めのキスマイメンバーを紹介します。

久々に更新します、こんにちわ。
今日のテーマは「90年代後半にりぼんを読んでいた人にお勧めする、好きだった漫画別あなたに合ったキスマイメンバー」です。
自分(1986年生まれ)およびキスマイのメンバー(1985~91年生まれ)がだいたいこの世代に該当するのですが、アラサーにさしかかった同世代がジャニーズ(のKis-My-Ft2)にはまるなら、どういう区分が出来るんだろうみたいな事を結構前から思って呟いたりしてましたので、こうやってブログにしようと思いました。
なお、これは私の独断と偏見と思い込みですので「ちげーよボケ」と思う人もいると思います。その場合は責任はあまり取れませんがお許し下さい。
では、メンバーごとに行きます。


ミントな僕ら」(吉住渉)が好きだった人
→お勧めのメンバーは「北山宏光」です。
可愛いけど一本気で男らしいのえるが主人公だったこの漫画。ミントな僕らが好きだったあなたにお勧めなのは北山くんです。
コミカルな一面とちょっとしたもどかしさもありましたが、その中でも本質を忘れなかったあの漫画が好きだったのであれば、ぜひ北山くんを重点的に見てみるといいと思います。

神風怪盗ジャンヌ」(種村有菜)が好きだった人
→お勧めのメンバーは「千賀健永」です。
とにかく絵も話も何もかもが濃厚だったジャンヌ。キスマイなら千賀くん一択です。ちなみに私もジャンヌが一番好きでした。
うまく言えないけど「試練に立ち向かう」ってのがあるかもしれません。ついでにキスブサにおける彼のこっぱずかしい位のスキンシップの多さは稚空を彷彿とさせます。しかも彼はありなっちと同じ愛知県出身。

ケロケロちゃいむ」(藤田まぐろ)が好きだった人
→お勧めのメンバーは「宮田俊哉」です。
ファンタジーな世界観が好きだったのであれば宮田くんが良いと思います。
宮田くんは前に舞台でファンタジーな世界の王子役をやっていたのですが(DVD買えば見れます)、なんていうかケロケロちゃいむの世界に居ても違和感が無い雰囲気でした。

ベイビィ★LOVE」(椎名あゆみ)が好きだった人
→お勧めのメンバーは「横尾渉」です。
どちらかというと大人っぽい人が好きだったあなた。でしたらお勧めは横尾さんです。
後は私の独断と偏見ですが、この漫画が好きだった人はたぶん「叱ってくれる」とか「ドS」みたいな要素を持つ男の人が好きなイメージを勝手に持ってます(おい)だったら横尾さんです。

「GALS!」(藤井みほな)が好きだった人
→お勧めのメンバーは「藤ヶ谷太輔」です。
当時のあなたはギャルに憧れてたと思うのですが、藤ヶ谷くんも本質がだいたいそんな感じなので藤ヶ谷くんでいいと思います。
蘭と藤ヶ谷くんはミーハーな所とかヤンチャそうでいて面倒見がいい所とか結構共通点が多いです。後は2人ともやたら前髪にこだわりが強い所とか。

「グットモーニング・コール」(高須賀由枝)が好きだった人
→お勧めのメンバーは「玉森裕太」です。
ちょこっと変な友達や知人が周りに居る中でゆるゆるの同棲生活を送ってたこの漫画が好きだったなら玉森くんです。
言ってみたら上原くんと菜緒は台風の目みたいな感じでしたが、今の玉森くんの環境もそれに近いかもしれません。というかキスマイの中で上原くんに近いのがあえていうなら玉森くんですただし上原くんほど頭良くないけど…。


こどものおもちゃ」(小花美穂)が好きだった人
→お勧めのメンバーは「二階堂高嗣」です。
コメディとシリアス、繊細さと凶暴さ、子供と大人が共存していた少女漫画史上類を見ないかなり特殊な作品。
二階堂くんは紗南と羽山のどちらにも近い要素があると私は思ってます。めちゃくちゃ笑わせてくれたと思ったら物凄いハッとさせられることもある。そんな多面性が見たいなら二階堂くんです。


以上が、私による「90年代後半にりぼんを読んでいた人にお勧めする、好きだった漫画別あなたに合ったキスマイメンバー」です。
たぶん「あれ?私が好きだった漫画がない!」みたいな人も居ると思います。物によっては絶対にキスマイに当てはめられないものもあるので…(例→チャチャはリーヤの声的に不可能)
後は「ジャンヌが好きだったけどキスマイなら玉森がいい!」みたいな人も居ると思います。が、これはあくまで私がテキトーに書いてるものなので、自分が好きになったものを好きで大丈夫です(?)こんな記事ガン無視して下さい。

そんなこんなですが最後まで読んでくれた皆さん、ありがとうございます。
同世代の女性の皆さん、お互い、頑張って生き抜きましょう。

⊂*`∀´⊃紅茶館に行ってきた

こんばんは。そしてとんでもなくお久しぶりです。

今日はお休みだったので丸一日遊びほうけてたのですが、夕方にとある喫茶店でお茶をしてました。
その名も「北山紅茶館」
このお店には昔から何回か行ったことあるんですが、キスマイファンになってからは多分初めてです。
京都では結構有名な喫茶店で、京都で紅茶の美味しい喫茶店と言えばどこ?となると、だいたいここの名前が出てきます。
もちろん名前の由来は京都北山の地名なので、行った所でキスマイ的な物はなにもないし、
(つーか⊂*`∀´⊃自体が紅茶なんて午後ティー500mlペット位しか飲まなそうなイメージだし)
昔はゲストブック的な物があって色々書けたりしたんですがいつの間にか無くなってたので、こうしてブログに記録だけ残しておこうと思います。


本当は晩ご飯代わりにアフタヌーンティーしようと思ったのですが、日曜の超人気店に夕方5時以降に行ってあるはずもなかったので、
素直にスコーンと紅茶だけ頂いてきました。
f:id:kis_my_sarue:20141123183503j:plain
紅茶は20種類くらいあってめちゃくちゃ豊富なんですが、今日はモーリシャスバニラだかってフレーバーを選びました。甘い匂いがしてミルクとの相性がいいです。
スコーンは相変わらず普通に美味しかった。
紅茶やスコーンは通販もできるらしいので、もしこのブログを見て気になった方が居たらどうぞ。お土産にもお勧めですよー。



北山紅茶館


私の中の北山宏光

私は北山先輩ネタがそんなに好きではない。

 

チャラミツの需要および人気は分かるし本人の適職がそれなのも理解している。しかし私が北山宏光を見る目は爆モテでリア充なチャラ男の先輩としてではない。

 

何故か?

 

私の実年齢は彼の1個下である。すなわちキスマイで唯一の年上メンバーであり、小中高大オフィスその他全てにおいて先輩になりうる人である。

なのでキスマイ唯一の年上である彼で北山先輩ネタをやっても良いはずなのに、どうしてもしっくりこないのだ。

 

かといって、「ハムみつ」「リスみつ」と言ったように小動物に例え「みったん可愛いよみったん」と愛でるのも違うのである。

別に北山宏光の事は嫌いではない。好きではある。だけれども私の北山宏光は北山先輩でも小動物でもない。なんなんだろうと考えた。

 

まず私にとってキスマイはあくまで同世代のグループであり、年上のお兄さんにはなりえない。

中高生時代の憧れの先輩として見るならKAT-TUNだろうし、近所のお兄ちゃんとして見るならやはり嵐だろう。

 

それともう一つ、キスマイと言うグループは擬似小学校みたいな一面がある。

北山宏光が小学6年生の時に、(私と)横尾渉は5年生、藤ヶ谷太輔は4年生、宮田俊哉は3年生、玉森裕太は2年生、二階堂高嗣と千賀健永は1年生に当たる。

 

そして私達がそれ位の年頃だった時に、デジモンアドベンチャーというアニメがあった。

夏休みに小学生が異次元の世界で冒険する話であった。

私は現実逃避したい時にしばしば小学生の自分とキスマイメンバーがデジモンワールドに行く妄想をしている。

その中で北山宏光は主人公にほぼ近いポジションに君臨しているのである。そう、ダメ社会人が暇つぶしをしている時の北山宏光は頭にゴーグルをしている。

 

それ以外に例えば美容院で髪を染めてる時には、勝手に脳内で私はキスマイのメンバーと共に海賊団になっている。

その時の北山宏光は麦わら帽子を被っている。

 

つまり、私の中での北山宏光は少年漫画やアニメの主人公なのだ。

ただ私も漫画の男主人公を見てかっこいいと思う事はある。ただ、それ=北山宏光にはならないのだ。

どうしてか考えた。恐らく私は主人公の伴侶ポジションではなく良き仲間でいたいのだ。

 

ドラゴンボールであれば孫悟空と結婚するチチよりブルマの目線でありたいのである。

「悟空さ」ではなくあくまで一歩引いた「孫くん」と呼びたいのだ。 

ブルマは最終的にはライバルの嫁になってしまったが、そもそもあの物語は悟空とブルマが出会わなければ始まらなかった話である。

上手い表現は出来ないが、なんていうか北山ヒーロー光とは色恋沙汰になるより同士でありたいのだろう。

私にとっては北山宏光は北山先輩でもハムスターみっくんでもなくヒーロー光なんだと思う。

ジャニーズ達によるオーケストラを考えてみた(改)

お久しぶりです、sarueです。

とんでもなく久しぶりの更新となってしまいましたが、WESTの正式デビューも決まったので、前回のエントリーでやった「ジャニーズ交響楽団」を改めて考え直し編成しました。

編成の都合と性格を確認したうえで、前回とは楽器が変わった方もいます。そしてこれは個人的な勝手なイメージのため、ご了承ください。

 

≪ルール≫

原則として第1バイオリンを除き同じグループのメンバーは同じパートにしない

・ドラマーはパーカッション、ベーシストはコントラバスそれ以外の楽器をやってる人に関しては入れる場合もあればそうじゃない場合もあり

弦楽器の首席奏者はコントラバス以外は全員リーダーやってる人、そしてその下に若手グループの最年長も入れる。



≪参加ジャニーズ≫

少年隊、SMAPTOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone、ABC-Z、ジャニーズWEST

近藤真彦岡本健一佐野瑞樹、屋良朝幸、風間俊介生田斗真山下智久内博貴、高田翔、中山優馬、noon boys





【第一バイオリン】

中居(コンマス)、木村(主席)、北山、中間、山田、山下、勝利、滝沢、渋谷、上田、岡本親子

岡本健一氏は最初入れないつもりでしたが、この面子を捌く大変さを考えたらサポートで入れざるを得ませんでした。



【第二バイオリン】

城島(主席)、五関、岡田、錦戸、剛、重岡、高田、菊池、有岡、植草

→驚異の関西人率50%、2ndゆえミステリアス感がありそうなそうじゃないような…うーん…。



ビオラ

大野(主席)、健人、亀梨、横山、稲垣、長野、戸塚、風間、伊野尾、錦織

→楽器が楽器なので曲者感が半端ない。他と比べて主席が若くぼーっとしてるのは、稲垣&長野両氏がサポート。



【チェロ】

坂本(主席)、薮、櫻井、村上、光一、田口、河合、横尾

→前回も言いましたが、チェロ奏者は怒ると怖い人が多い気がします。(ちなみに森君もチェロ)とにかくそれに尽きます。



コントラバス

山口(主席)、八乙女、香取、丸山、二階堂、橋本

→ベース弾きおよびガテン系の集まり、低音だけど音量があまりないのが、どことなくこのパートの陽と陰を表してるかもしれません。

 



 【フルート】

三宅、安田、知念(ピッコロ)

→あまりに露骨なぶりっ子軍団。3人体制にするにあたり、関ジャニ安田氏がパート変更。



クラリネット

今井、松島、藤井(バスクラ)

→ぶりっ子フルートに振り回される真面目な2人と、バスクラリネットが似合うスタイルと容姿を持つ彼。



オーボエ

二宮、玉森、中山(アルト)

→中山君は最初バイオリンでしたが、本当は本人はこのあたりの楽器を一番好むんじゃないかと思います。あとの二人はちょっとヒステリックなファゴット奏者依存症です。



ファゴット

相葉、宮田、濱田(コントラ)

→猛獣使いにしてオーボエ奏者の心のよりどころ、そういや後ろ2人は同学年なんですよね…。



【ホルン】

井ノ原、藤ヶ谷、増田、神山

アルプスチベットの山々のふもとでホルンとか民族楽器を吹いてるのが似合いそうなメンバー。百識王コンビここに。



【トランペット】

森田、手越、塚田、桐山

→ざっくりいうとドラクエガンガンいこうぜ以外の作戦は選ばなさそうな人たち。よって横山氏はここには入らず。



トロンボーン

草彅、高木、小瀧、加藤(バストロ)

→前の方のパートがぎすぎすしてるのをよそに、このパートの方々はのんびり魚釣って捌いて酒盛りしたり呑気にしててほしい人達。



 【チューバ】

長瀬、小山

→性格も見た目も正反対なのになぜか同じパートになってしまった二人。対照的な音を出しそうで楽しそう。



【打楽器】

松岡(ティンパニ)、東山、大倉、中丸、裕翔

→必殺リズム隊にして仕事人なドラマー奏者、【東山】マリンバやグロッケン、【大倉】大太鼓、【中丸】シンバル、【裕翔】小太鼓 なイメージ



≪こっから特殊パートになります≫



【指揮】

近藤、松本

→下手にどっかのパートで楽器やらせるよりも、指揮者になる方が楽しそうに見える常任指揮者である松本潤兄さんと、たまに海外から帰って来るんだけど内心面倒だと思われているマッチ。



【サックス】

千賀(アルト)、生田(テナー)

→占い師が自分のことを占えないのと同じで、自分の担当(千賀)の楽器は正直わかりません、なんで仕方なく自分と同じ楽器にしていますが、本当は何が良いんだろう…。



ユーフォニウム



→なぜかユーフォニウムが異常に似合う彼、そしておそらく自衛隊の制服も似合うはず。



【ピアノ】

国分

→この人も今更どこの楽器に置いたらいいかわからないので仕方なくここへ、でもチェンバロ似合いそう。



【ハープ】

マリウス

→あの容姿な上に、城を持ってる級のお金持ちなので無条件でハープをやってもらいます。



【スタッフ】

佐野(ライブラリアン)、屋良(ステージマネージャー)、野澤&真田(アシスタント)

→いいともは終わってしまいましたが、noon boysの二人はやっぱりアシスタント姿がとても似合う。ステージマネージャーをする屋良くんは、どことなくサクラ大戦の大神さんっぽい。


 

 

こんな風になりました。

ここまで見て下さった皆さん、ありがとうございました。

ぼちぼちやる曲も発表したいと思います。

ジャニーズ達によるオーケストラを考えてみた(追記あり)

はじめまして、sarueと申します。

普段はツイッターに生息していますが、前々から考えていた「もしもジャニーズアイドル達がオーケストラで楽器をやっていたら?」ってのを、より詳しくやりたかったのではてなを始めました。

って事で、暇な時に脳内で考えていたジャニーズ交響楽団を今から垂れ流したいと思います。

ちなみに私は学生時代サックスをやっていたキスマイ千賀担です。



≪ルール≫

・原則として第1バイオリンを除き同じグループのメンバーは同じパートにしない

・ドラマーはパーカス、ベーシストはコントラバス

・それ以外の楽器をやってる人に関しては入れる場合もあればそうじゃない場合もあり

・弦楽器の首席奏者はコントラバス以外は全員リーダーやってる人、そしてその下に若手グループの最年長も入れる。

ツイッターに最初にあげた時と若干人選が入れかわってます。(※2月9日追記:WESTに入った3人がまだパートが決まってません。もしかしたら4人も楽器変わるかも…)


≪参加ジャニーズ≫

少年隊、SMAPTOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞KAT-TUNHey! Say! JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone、ABC-Z、ジャニーズWEST4

近藤真彦佐野瑞樹、屋良朝幸、風間俊介生田斗真山下智久内博貴中山優馬、noon boys



【第一バイオリン】

中居、木村、北山、中間、山田、山下、勝利、滝沢、渋谷、安田、圭人、上田

→オケの華なのでやはりエース揃いで期待の若手も多いが、ポジション的にも気難しくまとまりが無い。全てを仕切るコンマスはやはり中居正広、そしてそれとは別にトップは木村拓哉の2TOP姿勢。


【第二バイオリン】

城島、五関、岡田、錦戸、剛、中山、菊池、有岡、小瀧、植草

→実力は第1に負けないが、基本オクターブ下を弾くのでそれっぽい人選に。やたら関西人が多い(半分以上)


ビオラ

大野、健人、亀梨、横山、稲垣、長野、戸塚、風間、伊野尾、錦織

→バイオリンからの乗り換えが多いのでどうしても曲者揃いに。あと錦織チルドレンを多めに。(2月3日追記:ビオラだった剛を2ndバイオリンに、吾郎さんをビオラに交換しました。吾郎さんが関西ノリについてけなさそうだったのと、首席奏者が若いビオラにもう少しベテランが欲しくて…)


【チェロ】

坂本、薮、櫻井、村上、光一、田口、河合、横尾

→チェロ奏者は怒ると怖い人が多い気がします。(ちなみに森君もチェロ)光一はドラマのイメージも。


コントラバス

山口、八乙女、香取、丸山、二階堂、橋本

→やはりここはベース奏者が主だが、裏テーマは体格や運動神経が良い人。よくチェロ組に睨まれてそうである。


【フルート】

三宅、知念(ピッコロ)

→もうまんま、甲高いあざといウザい。あーはいはいって感じである。


クラリネット

今井、松島

→真面目。とにかく真面目。よくフルートからの巻き込み事故に合う。可哀想に。


オーボエ

二宮、玉森

→ヒステリックで面倒な性格。ファゴットの奴に依存している。


ファゴット

相葉、宮田

オーボエを受け入れると言うか基本的に猛獣使いである。人付き合いが上手い愛され上手だが内心は…?


【ホルン】

井ノ原、藤ヶ谷、増田、重岡

→ハイジ的な意味で郵便屋が似合う人が多い。百識王コンビが1st2nd。


【トランペット】

森田、手越、塚田、桐山

→はっきり言えば特攻パートである。明るくてキンキンしててぶっ飛んでる人間の集まり。ヨコはそういうのと違うと思うので入れませんでした。


トロンボーン

草彅、加藤、高木

→脳天気だったり趣味に生きてる人が多い。コントラバスやチューバと仲良しでありズッ友。


【チューバ】

長瀬、小山

→この2人性格正反対だし基本的に1人しかいないパートなんですが、なぜか絞れませんでした。低音域はズッ友。


【打楽器】

東山、松岡(ティンパニ)、大倉、中丸、裕翔

→必殺リズム隊にして仕事人なドラマーたち。ヒガシはマリンバやグロッケン、大倉は大太鼓、中丸はシンバル、裕翔は小太鼓率が高い。


≪こっから特殊パートになります≫


【指揮】

近藤、松本

→マッチは最初第1バイオリンだったんですが、たまに日本に帰ってきて内心厄介者扱いされる指揮者の方がしっくり来そうだから。Jに関しては多分楽器やらすより指揮者の方が本人幸せそうだしやりたそうな気がするから。


【サックス】

千賀(アルト)、生田(テナー)

→自担を自分と同じ楽器にしてるなんてどうかと思うし、本当は山田くん(本当はサックスやってるけど第1バイオリンにしてる)と交換したいんですが、千賀さん金持ちの割に弦楽器っぽい雰囲気じゃないような…。


ユーフォニウム

自衛隊吹奏楽団から派遣される。


【ピアノ】

国分

→省略。チェンバロとかパイプオルガンもやるのかな?


【ハープ】

マリウス

→あまりに金持ちで環境が特殊すぎて浮世離れしてるので、普通の楽器をしてる所が想像出来ない、よってハープ。


【スタッフ】

佐野(ライブラリアン)、屋良(ステージマネージャー)、野澤&真田(アシスタント)

→佐野くんはライブラリアン。屋良くんは最初ビオラだったんですが、なんかこっちの方がしっくり来る。んでアシスタントにのんさな2人。



こんな感じになりました。

長々と見て下さった方、ありがとうございました。


勝手におまけのQ&A


Q:赤西は?あと聖がいたら何処にいたの?

A:赤西に関してはあの中に入れても「俺が見たいのは世界の音楽だ」とかなんとか言って出て行きそうなのではなから入れてません。聖は第2バイオリンだったんですが、他の必殺メンバーがことごとくパーカスで、でも中丸がボイパやってて…みたいな矛盾を抱えてました。


Q:圭人の父ちゃんと光GENJIの2人は?

A:光GENJIの2人に関してはこの2人の楽器を決める場合はバランス的に残りのメンバー5人も考えなきゃいけないので省きました。圭人の父ちゃんは息子と同じですが、息子と同じパートってのは現実的にありえないので入れてませんが第1バイオリンです。


Q:後藤くんバイオリンに入れないの?

A:たぶんこの世界観だと、彼はオーケストラに入るんではなく1人のプロ奏者として世界中からひっぱりだこ系だと思います。